問合せ
お問合せ

遠藤自律神経研究所のカテゴリ別記事一覧です。

ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • blog

遠藤自律神経研究所のカテゴリ別一覧

blog

パニック障害との関係 パニック障害の方は過敏性腸症候群になりやすいと言われております。その理由は、どちらも心理面で共通する部分があるからです。それは「予期不安」と「広場恐怖」です。それを個別に説明します。 ・予期不安 パ …

ゲップでお困りの方へ 過敏性腸症候群の方は、ゲップがよく出ることがあります。ゲップが多く出過ぎるという事は、胃腸にガスが溜まっている証拠です。胃腸にガスた溜まり過ぎると、お腹が張って苦しくなります。するとお腹が痛くなって …

不安感から解放されたい方へ 皆様はきっと過敏性腸症候群の治し方だけでなく、それに伴う不安感を改善させる方法も知りたいはずです。と言うのも過敏性腸症候群の方は様々な不安感を持つ方が多いです。それもそのはず。下痢、おなら、腹 …

下痢で苦しい状況なら 下痢で苦しい思いをしたことがありますか。さいたま市にある遠藤自律神経研究所は、過敏性腸症候群を専門とする治療院になりますが、過敏性腸症候群のさまざまな症状の中でも、下痢ほど苦しいものはないと、多くの …

腹痛と同時に便意が起こる場合 できれば、毎日決まった時間に便意が起こってほしいものです。朝起きてすぐに便意が起これば、その日一日スッキリした気持ちで過ごすことができるでしょう。もちろん、便意の起こる時間は必ずしも朝とは限 …

過敏性腸症候群への理解 突然お腹が痛くなり、お腹が痛くなったと思ったら便意をもよおし、トイレに駆け込めば下痢状の便が出るという時、おそらく過敏性腸症候群なのかもしれません。以前は、仕事中にたびたび席を立ってトイレに入るこ …

腹痛が続いて苦しい時 遠藤自律神経研究所は、過敏性腸症候群の患者さんを対象にした手技療法を行っているわけですが、これまで2万回以上の施術を行い、多くの患者さんが過敏性腸症候群の苦しい腹痛などの症状から解放されているという …

便秘と膨満感でお悩みの方へ 便秘が何日も続くと、膨満感で食欲が無くなることがあります。また、便秘で膨満感が起こり、げっぷが出る事もあります。そして、胃腸のトラブルで膨満感が起こることは、よくあるものです。またその時の膨満 …

IBSの症状 IBS、つまり過敏性腸症候群と言われる大腸の機能異常で起こる疾患は、主に20歳代から40際代に起こりやすいとされ、中には働き盛りの年齢であるにもかかわらず、IBSのために仕事に就けずにいるという方もいれば、 …

発作的な腹痛には 突然何の発作かと思うような腹痛に見舞われることはないでしょうか。発作で腹痛が起こるような病気は色々あるとは思いますが、胃の痛みも腹痛と感じるでしょうし、下腹部の痛みも腹痛と感じるものです。たとえば食後に …

« 1 2 3 4 9 »
PAGETOP
Copyright © 過敏性腸症候群の遠藤自律神経研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
電話お問い合わせ