腹痛が続いて苦しい時

腹痛 苦しい遠藤自律神経研究所は、過敏性腸症候群の患者さんを対象にした手技療法を行っているわけですが、これまで2万回以上の施術を行い、多くの患者さんが過敏性腸症候群の苦しい腹痛などの症状から解放されているという実績があります。ただ、全国にはまだまだ過敏性腸症候群の苦しい症状に悩み続けている方がいらっしゃるでしょう。しかも、その苦しい症状がIBSによるものだとは気付かないまま、適切な過敏性腸症候群の治し方も受けずに、何とか苦しいながらも毎日をやり過ごしているという方も少なくないようです。

たとえば、過敏性腸症候群の方の多くが、いつ起こるかわからない腹痛でお困りになっているようです。つまり、胃や腸に疾患を抱えている場合は、投薬治療などと共に食事の量を制限したり食事の時間に気を付けたり、腹痛を起こしやすい食べ物を避けるといったこともできるでしょう。ただ、過敏性腸症候群に見られる腹痛は苦しい症状であるとともに、原因や効果的な腹痛の対処法がわからず精神的な負担も大きく苦しいと思います。

腹痛 苦しい

 

苦しい腹痛や便秘には

また、過敏性腸症候群の場合の腹痛は、何となくお腹が痛いというような程度の腹痛ではなく、突然激しい痛みが起こるかなり苦しい腹痛のことが多く、特にトイレに駆け込めないような状況で起こる腹痛は、いっそう苦しいと感じることでしょう。そして、そんな腹痛が起こる前は便秘が続いていることも多く、苦しい便秘と苦しい膨満感に耐えて、腹痛が起こってようやく排便できるというケースも多いのではないでしょうか。しかも、その腹痛を伴う排便も簡単にはいかないようで、苦しい便秘が続いた後の最初の便は水分が少なくなったコロコロした硬い便であるために、排便そのものも苦しいはずで、そのあとは水状の下痢となれば、一気に体力を消耗するような苦しい思いをすることになるでしょう。さらに苦しいのは、そういった流れが当たり前になり、便秘も腹痛も、そして苦しい下痢もいつ起こるかわからないとなれば、旅行に行ったり友人との食事に出掛けたりすることも控えてしまうのかもしれません。そんな腹痛や便秘や下痢のように苦しい症状があるとすれば、過敏性腸症候群に強い当所の手技療法をお勧めしたいと思います。良い過敏性腸症候群の治し方を探している方は、ぜひ苦しい時には一人で悩まず、遠藤自律神経研究所にご相談ください。