おなら、肛門の不快感、臭いが気になるなどのガス型IBSのお悩みは遠藤自律神経研究所が解消します。

過敏性腸症候群のガス型

  • HOME »
  • 過敏性腸症候群のガス型

長年の過敏性腸症候群のガス型から解放されて、楽しく過ごされている皆様のお声を頂いています!

過敏性腸症候群のガス型

あなたは10の辛いことに心当たりはありませんか?

  1. 近く(特に後ろ)に人が来ると緊張してガスが出てしまう

  2. 肛門に不快感がありガスが漏れてる感じがする

  3. 他人が鼻に手をやるなどの反応が気になる

  4. いつの間にか臭い(ニオイ)がしてしまう

  5. ガスを自分でコントロール出来ない

  6. 学校へ行くのが怖くて不登校になってる

  7. 臭い(ニオイ)の悩みの為に、自分に自信を失っている

  8. 時々、「クサイ」という声が聞こえてくる

  9. 満員電車で顔を覚えられるの嫌で時々、車両を変えて乗る

  10. もう精神的にも限界値まで来てしまっている

おならの為にやりたい事も出来なくなったらあなたは悔しくないですか!?

なぜ今までの治し方では改善しなかったのか?

◆それは脳と腸の両方を改善させてないからです。
過敏性腸症候群(IBS)のガスの原因は、腸の自律神経にある事は、皆様もご存知だと思います。実はもう一つ大事な事があります。それは脳の働きも大事なのです。脳と腸は密接に関係し合っていて、この事を「脳腸相関」と呼んでいます。この脳と腸の両方を一緒に改善させる事が、過敏性腸症候群のガスを改善させる上で最も大事な事なのです。

薬は効かない事がほとんど

この脳腸相関を薬で根本的に改善させる事は無理です。と言うのも自律神経を調整させる特効薬などないからです。皆様もきっと薬が効かなくて困ってるから、当所のHPに辿り着いたのだと思います。

他で改善しない理由

当所には他の治し方では無理だった方が多く訪れます。なぜ他では改善しなかったのか。それは脳と腸を改善するような自律神経の調整を行ってなかったからです。

ibs 転職

もしあなたのガズの悩みが解決すると次のようなうれしい事が起こります。

  • 後ろに人が来ても安心していられ、お腹も安定している

  • 肛門の不快感もなくなりガス漏れの不安も無くなる

  • 自分に自信を持って人と楽しく接する事が出来る

  • もう、いつの間にか臭い(ニオイ)などしなくなる

  • 人と一緒に楽しく旅行に行けるようになる

  • 学校や会社に安心して行けるようになれる

  • 周りから「クサイ」という声も聞こえなくなる

  • 安心して満員電車に乗れるようになる

  • 今の精神的苦痛から解放されるようになる

  • 今まで出来なかった好きな事を楽しめるようになれる

当所でガスが減る仕組み

過敏性腸症候群(IBS)のガス型の悩みは、当所の手技療法で対応出来ます。それは自律神経の働きを調整する事により、脳と腸の両方の働きを良くするからです。すなわち「脳腸相関」の働きを改善させるのです。

①心を安定させる(脳)

当所で自律神経を正常にさせると、脳の働きも活性化されます。それによって不安、うつ、イライラといった心の症状にも適応します。すると不思議な事に、人前に出てもガス漏れの不安が軽くなるのです。例えば周りの仕草(鼻すすり、会話など)が気にならなくなります。それにより授業や仕事に集中できるし、乗り物にも気楽に乗れるようになります。人前で不安感が減れば余計なストレスが減ります。それにより腸の自律神経も安定してオナラの量が減ります。オナラが減れば心も更に安定して来ます。すると「脳腸相関」に良い循環が生まれるのです。

②ガスそのものを減らす(腸)

腸の自律神経を調整させる事により、おならの量そのものを減らす事が出来ます。つまり、おならが腸管の中に吸収されやすくなり、おならが減るのです。さらに腸内環境(腸内の細菌)が良くなる事により、オナラの発生を抑えるし、ニオイも軽くなります。お腹が安定すれば心も安定し、心が安定すれば、お腹も更に安定します。やはりここでも、「脳腸相関」に良い循環をもたらすのです。

 

皆様の感動の声

あなたも次の方達と同じように快適で楽しい毎日を送ってくださいね!

過敏性腸症候群のガス漏れ

35才・主婦


私は小学校の頃から便秘と下痢をくり返し、4年生時にはもうガスもれの症状が出ていました。その後は生き地獄のような学生生活をへて、なんとか高校を卒業してアルバイトをしながら、この病気を気づかれないように生活していました。結婚して子供を生んで、その子がう幼稚園生になり、ママ友や生活のストレスで、またガスが出るようになりました。自分が苦しむのはわかりますが、親のことで子どもが悲しい目にあうのは本当につらいので、本気で「死」を考えました。そういう時、先生のホームページを見つけました。1回目で食後にお腹が鳴らなくなりました。3~4回で便秘、胃痛、耳鳴りが良くなり、5~6回で下痢、ガス、肩コリが良くなりました。19回目で人前に出てもニオイを感じる事がなくなりました。今でもまだストレスがたまると落ちこむことがありますが、先生が居てくださると思うと安心します。今は少しずつ体をうごかしています。食生活も変えました。自分でできることをしていこうと、前向きになりました。

※施療効果には個人差があります。

 

過敏性腸症候群のガス・お腹の張り

28才・女性・美容業


私は仕事の立場の変化によりストレスを感じ始め、数ヶ月頃から異常なガスの量、お腹の張り、それに伴う腹なりにより仕事にも集中できず、とても悩んでいました。病院に行き薬をもらうも全く良くならず、ネット検索していた所、この施療所に出会いました。通い始めて2回目からお腹の張りとガスの量が少し楽にまりました。7回目には、お腹の張り、ガスの量、腹鳴りがほぼ改善されました。回数を重ねるごとに気持ちの面でもプラス思考になり、今では仕事のストレスもプラスに考えられ楽しく生活できる様になってきました。本当にありがとうございました。同様な症状でお悩みの方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

※施療効果には個人差があります。

過敏性腸症候群(IBS)のガス型

小学校6年・男子


ぼくは4年生の時からガスがたくさんでるようになりました。いくつか病院にも行きましたが良くなりませんでした。6年生になると学校で5~10分おきぐらいにでるようになってしまいました。中学生になる前にどうしても良くなりたいと思い、遠藤先生の所へ行きました。1回の施療でガスの回数が少しへりました。耳なりや胸の痛みも軽くなりました。2回でガスが半分ぐらいにへり、耳なりや胸の痛みも消えました。3回で1時間に1~2回にまでへり、学校生活がとても楽になりました。今まで行った病院の先生は、ぼくの話に笑ったり困った顔をしたので、ぼくはとても悲しい思いをしてきました。しかし遠藤先生は真剣に話を聞いてくれて、とても信頼出来る先生だと思いました。ぼくは遠藤先生にとても感謝しています。

この小学生は、その後7回通った時点で、1時間に1回もオナラが出ない事が増えていきました。

※施療効果には個人差があります。

過敏性腸症候群のガス型

14才・女性


中学一年生の終わり頃、周りからの悪口が原因でガスが出るようになり不登校になりました。それから心療内科にかかってみたり食生活を改めたりと、努力しましたが一向によくならず、他に何か改善方法はないかのかとインターネットで調べていたときに遠藤自律神経研究所のホームページをみつけました。そして母に話して先生に施療をしてもらうことになりました。1回目でガスの回数と不安が減り、2回目、3回目で頭痛・耳なりが消えました。施療をしてもらう前は絶対に行けないと思っていた修学旅行にも先生のおかげで行けました。まだ完全にガス漏れの不安や人の目が気にならなくなった訳ではないですが、以前と比べると、かなり楽になれました。ありがとうございました。

※施療効果には個人差があります。

過敏性腸症候群のガス型

15才・男性・高校生


自分はガスが出すぎて、とても悩んでいました。そんな時インターンットのホームページを見て施療所の事を知りました。施療を受けに新幹線に乗った時は、ガスが止まらず周囲の目を気にしていましたが、一回目の施療で(帰りの新幹線の中で)ガスがほとんど出なかったのです。それは自分にとっても驚きでした。二回、三回を続ける事に、またよりよく回復しています。この施療所に出会って本当によかったと思います。

※施療効果には個人差があります。

このような方へ

  • 薬を飲んでもオナラが減らない方
  • おならが出過ぎたり、漏れが気になる方
  • 周りからクサイと言われてる気がする方
  • 腹鳴りが気になり静かな場所が苦手な方
  • 臭いが気になり学校や職場が苦手な方
  • おならが気になり電車やバスが苦手な方
  • お腹が張り苦しい方
  • 肛門に違和感を感じている方

当所はこのような方を専門に施療しています
過敏性腸症候群専門の施療所
自律神経を調整する手技療法

お悩みの方が全国から来られます

当所にはガスや腹鳴りで悩んでいる方が、全国から来られます。もちろん下痢や便秘、腹痛の方も全国から大勢来られますが、北海道から四国・九州・沖縄まで至る所から、施療を受けに当所まで来られます。それだけ他の治し方では無理だった方が多い訳です。遠いところ本当にお疲れ様でした。その皆様の「回復させたい!」という熱意に負けない様に、私も真剣に施療をさせて頂きます!

おならが出過ぎる

当所にはガスが出すぎて困るという過敏性腸症候群IBS)の方が非常に多いです。おならが家でも多いという方も居れば、学校や電車など特定の場でしかオナラが出ないという方もいます。おならが多く出過ぎてしまうと、学校や職場、電車の中で困ってしまいます。特に後ろに誰かがいると気になってしまいます。そして後ろに誰か居るような場所だと緊張してしまい、それによって余計にガスが増えてしまう事が多いです。その為、なるべく人が後ろに居ない場所を選んだりします。そして静かな授業中、仕事中、会議中にオナラが出そうになる度に我慢しますが、その回数が健康な人に比べてはるかに多過ぎるので、過敏性腸症候群の方は、ガスの事で頭がいっぱいになり授業などに全く集中出来なくなるのです。

そしてオナラが出そうになった時、または出てしまった時にパニックになり、過呼吸発作を起こす方もいるほどです。 つまり過敏性腸症候群のガス型で悩んでいる方は、精神的な苦痛が非常に大きいので、うつ病やパニック発作、過呼吸など心の症状も伴う事が多いです。

過敏性腸症候群 臭いところで、どうして、おならが大量に発生してしまうのでしょうか。おならの多くは飲み込まれた空気です。従って空気を多く飲み込む癖のある人は注意して下さい。過敏性腸症候群の方は緊張しやすく、その為に浅くせわしい呼吸をする事があります。その時に口から息を吸う事が多いので、そうすると息を胃の中に飲み込んでしまうのです。この空気を飲み込む癖のある症状を「呑気症」と呼びます。その飲み込まれた空気がガスの元になるのです。従って過敏性腸症候群の方は呼吸をする時は鼻から吸うようにした方が良いです。 それとストレスで自律神経が乱れると唾液が増えます。すると当然 その唾液を飲み込みますが、その時に一緒に空気も飲み込んでしまいます。それもおならの原因になる訳です。

他は腸内環境(腸内細菌)が乱れる事により、おならがが多く発生し臭い(ニオイ)も強くなります。だから乳酸菌を摂る事も一つの方法です。それと大事な事として便秘はガスの大きな原因です。便秘すると、おならが増えるしニオイも強くなります。だから過敏性腸症候群のガス型の方は便秘しないようにして下さい。

それから、おならは腸の中で、腸管の中に吸収されるようになってます。そして余ったおならが、肛門から排出される訳です。ところが過敏性腸症候群(IBS)の方は、自律神経の乱れにより腸の機能異常を起こしてるので、腸管の中におならが上手く吸収されないのです。それによってオナラが増えてしまう原因にもなります。

自律神経が乱れる原因は、精神的なストレスが大きいです。その証拠に家に居る時はリラックスしているので自律神経も安定していて、ガスも増えない方が多いです。しかし学校や職場に行くと緊張してしまい、そのストレスで自律神経が乱れる事により、腸が動き出しておならが出そうになってしまうのです。

ガス漏れ

ガス漏れは、ガス型の中でも特に深刻な悩みになります。何しろ自分でコントロール不能になってしまう訳ですから。タイプ別に分けると自分で「今、おならが出た」と自覚出来るタイプと自覚出来ないタイプがあります。またこれらのタイプが混合している場合もよくあります。

まずオナラが出ていると自覚出来る方は、本人も最初は出そうになっても出ないように我慢しているのです。しかし我慢する度に、どんどん、おならが溜まってしまい、やがてお腹が張って苦しくなり、もう我慢の限界が来て我慢出来ずに出てしまうのです。それにオナラが普通の人よりも多いと、ふとした時に出てしまう失態も多くなります。健康な人だって、そういう時があるのですから、ましてや過敏性腸症候群のガス型の人は、健康な人以上に出てしまう事が多いのです。

一方、ガス漏れが自覚出来ないタイプとは、どういうものでしょうか。それは自分でガスを出した覚えが無いのに、家族や他人などに「オナラした?」と聞かれて、初めて気づくのです。また自分で、いつのまにかオナラの臭いを感じる事で、はじめて自分がオナラをしていた事に気が付く場合もあります。

ガス漏れの精神的苦痛

いずれのタイプにせよ、一度オナラが出てしまう苦い経験をすると、「また出たらどうしよう」とか「もしかしたら、今も漏れているのではないか」とオナラに対して非常に神経質になる傾向があります。それによって起きている間、ずっとオナラが漏れているという不安に悩まされてしまう事が多々あります。

それにより、電車、学校、会社など人が集まる場所に行くのを恐れる傾向があります。そして常に周りの反応(鼻すすり、鼻に手をやる、咳き込む、窓を開ける、自分が座ると途端に席を外す、クサイという声が聞こえるなど)に対して過敏に反応してしまい、自分のオナラと関連付けてしまいます。そして、それらの周りの反応も、本当に自分のガスの臭い(ニオイ)と関連ある場合もあれば、全く関係ない場合もあります。例え関係なくても、そうした精神症状は本人にしてはとてもツライのです。当所には、このようなガス漏れで悩まれてる方が大勢来られます。

だから悩んでいるのは決して
あなた様だけではありません!

おならでお腹が張る

おならが出過ぎるというよりも、おならがお腹に溜まってしまいお腹が張って苦しいという方もいっぱいおられます。オナラがお腹に溜まるので、まるで妊婦さんみたいにお腹が膨らんでしまうのです。その為、ズボンが入らずに困るという事になります。おならがお腹に溜まると、腹痛がしたり、またおならが出てしまうのではないかと不安になったりします。

お腹が鳴る

過敏性腸症候群(IBS)のガス型の方は、お腹が鳴る(腹鳴)という症状で悩んでいる方も大勢います。お腹にオナラが溜まると、それが腸の中を通過する時に、音が鳴ってしまうのです。それが静かな授業中や職場で、周りの人に聞こえるのが恥ずかしいと悩むのです。特にお尻の辺りで鳴ると、まるでオナラの音と間違えられるので、それが恥ずかしいと言う方も多いです。 

肛門の不快感

おならで肛門が熱く感じる、肛門の周囲に汗をかく、おならで肛門がスースー感じる、肛門がいつも開いている感じがする、などの肛門の不快感を感じる方も多いです。こうした肛門の不快感があるから、ガス漏れの不安が頭から離れなくなるのです。逆に肛門がスッキリしていれば、ガス漏れの不安もないのです。こうした肛門の不快感でお悩みの方も、当所には多く来られています。

本気で過敏性腸症候群の治し方を探しておられるなら、本気で施療を行う遠藤自律神経研究所にお任せ下さい。

ガス型 | ガス漏れ | 腹痛型 | 便秘型 | 下痢型 | 交替型 | 腹鳴り | お腹の張り | 肛門の違和感



お気軽にお電話下さいネ。(^^) TEL 048-654-9236 営業時間 8:30 - 18:30 [ 土・日・祝日も営業 ]
※ご予約のお電話は毎日22時まで受け付けてます

PAGETOP
Copyright © 過敏性腸症候群の遠藤自律神経研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.