過敏性腸症候群は治し方に色々な方法がありますが、当所は短い施療の手技施療を採用しています。

過敏性腸症候群の腹痛型

  • HOME »
  • 過敏性腸症候群の腹痛型

腹痛を抱えていた方々から数回の施術で改善されてきたと、お喜びの言葉を頂いています。

過敏性腸症候群の腹痛型

この様な事でお困りでありませんか

  • 薬を飲んでも痛みが改善しなくて困ってる

  • 腹痛の為に毎日ツライ思いをしている

  • 腹痛の為に学校にも行けなくなってる

  • 腸だけでなく胃の痛みも伴ってる

  • 病院で検査を受けても「異常なし」と言われる

  • 腹痛と下痢の為に、毎朝トイレにこもってしまう

  • だから通常よりも1時間以上も早く起きている

  • いつ起こるか分からない激痛に怯えている

  • 痛みの為にウツになってしまっている

  • 頭痛・生理痛も一緒に悩んでいる

腹痛に限らず痛みの悩みは深刻です。体のどこかに痛みがあると、それがストレスとなり何をやっても心の底から楽しめないのです。旅行に行っても、せっかくの豪華な料理も、お腹を気にしてしまい美味しく食べれないでしょう。社会人なら仕事をしても集中できず、学生なら授業やテストも受けられず、休みがちな方も多いです。このように痛みの悩みは明らかに私達の生活の質(QOL)を著しく落としてしまい、つまらないものにしてしまいます。だから皆様は本気で治したいと思いながら、過敏性腸症候群の治し方を真剣に探しておられる事だと思います。

■

痛みの閾値の異常な低下が原因

過敏性腸症候群の腹痛は、なぜ起こるのか。それはIBSの人は、普通の人よりも腸の痛みの閾値が低下してるからです。つまり普通の人ならば、何ともない刺激に対しても、IBSの人の腸は敏感に感じてしまい痛みになってしまうのです。例えばガスや消化物、便に対して敏感に感じてしまうのです。そしてそれを痛みとして感じてしまう部分が脳なのです。

どこへ行っても改善しなかった理由とは?

ところで、なぜあなたは今までの治し方では過敏性腸症候群の腹痛が改善しなかったのでしょうか?
それは過敏性腸症候群の根本原因である、胃腸の自律神経の調整、それに脳の活性化を図り、「脳腸相関」の働きを改善しなかったからです。この事は薬では不可能なのです。
皆様も薬を飲んでも効かなくて困ってる所だと思います。例え効いても、それは一時的であり効き目が切れると再び痛みが出てしまいます。それに鎮痛剤の飲み過ぎは余計に自律神経の働きを悪くする原因にもなってしまいます。他の整体やマッサージにしても、それが脳と腸の働きを活性化させる作用があるかどうかは不明です。

想像してみてください・・・。
痛みの無い毎日を快適に過ごしている自分を!

痛みを取ると気持ちも前向きになれる!

痛みがあると、毎日が何をやっても心の底から楽しめなくなってしまいます。気持ちも段々、ゆううつな気分になってしまいます。ところが痛みが取れるだけで、途端に笑顔になり気持ちが明るくなっていきます。すると何事も積極的になって、人生そのものも明るくなります。つまり今まで出来なかった事が何でも出来るようになれるのです。すると自分の夢や目標を達成させる事も出来るようになります。どうぞ過敏性腸症候群の腹痛型の方が、一日でも早く改善されて、腹痛の無い爽やかな毎日を送って頂きたいと思います。

脳腸相関を改善させる当所の手技療法

当所の手技療法は自律神経を調整する手技療法であり、特に胃腸の自律神経には効果的です。さらに脳の働きも同時に活性化させるので、「脳腸相関」に効果的に作用する事が出来ます。脳と腸は密接に関係しており、この事を「脳腸相関」と呼んでおります。過敏性腸症候群の腹痛型の方は、この脳腸相関の働きを改善させれば痛みから解放されます。つまり脳で過敏に感じてしまっている、腸の痛みの閾値を正常に戻せば良いのです。

当所から快適な人生を歩んで下さい!

皆様の感動の声

あなたも次の方達と同じように快適で楽しい毎日を送ってくださいね!

回復するには長くかかるかもと覚悟をしていたのですが、1回の施療で腹痛の回数が減り、痛みも軽くなったので驚きました。

39才・女性・会社員


2年近く七転八倒する程の強い腹痛に悩まされておりました。最初はたまに痛くなる程度でしたが、次第に毎日痛むようになり過敏性腸症候群と診断されました。様々な薬を試しても症状は悪化するばかりで、このまま一生この腹痛に悩まされるのか、鎮痛剤が効かなくなったらどうしようと不安な日々を過ごしていた所、インターネットでこちらの施療所を知り、通うようになりました。回復するには長くかかるかもと覚悟をしていたのですが、1回の施療で腹痛の回数が減り、痛みも軽くなったので驚きました。また便通も良くなりお腹の張りが軽くなったのと冷え性で夏でも冷たかった手足が温まったのは意外でしたが嬉しい限りです。2回で鎮痛剤を飲まずに済む程に回復し、3回で腹痛が出なくなり、あんなに悩んでいたのがウソみたいです。本当にありがとうございました。

※施療効果には個人差があります。

 

一生このまま腹痛ががある人生を送るのだろうか? と人生をあきらめかけていた時期もありましたが、今では人生を前向きに考えられるようになりました 

30代・男性


3年ほど前から左下腹部に差し込むような痛みが出ました。内科の病院へ行き、過敏性腸症候群と診断されました。処方された薬を飲んで最初は痛みが引いたのですが、次第に薬が効かなくなり腹痛も悪化してきました。それに伴い便秘、出ても細い便、不眠、頻尿の症状も出ました。過敏性腸症候群の原因が自律神経の乱れだと知り、インターネットで調べている時に遠藤自律神経研究所を見つて、すがる思いで施療をお願いしました。まず1回目で腹痛が激減し、寝付きも良くなり頻尿も改善されました。2回目で便がまとまって出るようになり、残便感も軽くなり便秘も改善されました。そして10回目ほどで腹痛がほとんど良くなりました。一生このまま腹痛ががある人生を送るのだろうか? と人生をあきらめかけていた時期もありましたが、今では人生を前向きに考えられるようになりました。

※施療効果には個人差があります。

1回で腹痛が軽くなり2回で生理痛と生理前の不安定が軽くなりました。

18才・女性


私はほぼ一日中続く腹痛や生理痛と生理前の不安定などで悩んでいました。
インターネットでこちらの施療所を知り、通い始めたところ1回で腹痛が軽くなり2回で生理痛と生理前の不安定が軽くなりました。また3回で一日中、腹痛の出ない日もあるようになりました。現在20回くらい通っていますが、腹痛と便通がだいぶ改善されてきました。今までよりも友達と遊びに行くのが楽しくなりました。電車でも今までは乗っている時に腹痛があったけど、今では腹痛にもならずに長時間乗れるようになりました。まだ完全には改善されてませんが、前よりもだいぶ良くなったので、こちらの施療所に通って良かったと思っています。これからも改善に向けて続けていきたいと思います。

※施療効果には個人差があります。

2回施療を受けたところで、1日中感じていた腹痛、悩んでいた下痢が半分くらいに減り、3回目で更に良くなりました。

48才・男性・公務員


1年くらい前から腹痛と下痢に悩んでいました。あまりに症状が悪くなり、何か病気かもしれないと思い、大腸の内視鏡検査を受けましたが、全く異常が見つからず、整腸剤だけ出されました。病気ではないことは安心したものの、整腸剤を飲んでも効果はなく、仕事はおろか生活にも支障があり困りはてていたところ、先生のウェブサイトを見つけ、わらにもすがる思いで通い始めました。2回施療を受けたところで、1日中感じていた腹痛、悩んでいた下痢が半分くらいに減り、3回目で更に良くなりました。5回目くらいで精神的なつらさはほぼ感じなくなり楽になりました。8回くらいで下痢も週1回くらいになり、今では普通の生活を取り戻したように感じています。 

※施療効果には個人差があります。

過敏性腸症候群の腹痛型とは

過敏性腸症候群は本来、便秘型と下痢型、そしてその混合型、それに分類不能型というように、便の形状によって分類化されるのであり、厳密には「腹痛型」というのはありません。腹痛の症状は、もともと便秘型にせよ下痢型にせよ、一般的に過敏性腸症候群の方なら全てにおいてみられる症状なのです。ただ便通異常もあるけど、それより腹痛の方が強いと困っている方も多いので、こういう方の為にも、当所では「腹痛型」というのを使っております。

ibs 内科

ところで過敏性腸症候群と診断される為には、まず病院へ行き大腸の内視鏡検査などを受けて、腸そのものに異常が無い事を確認する必要があります。何故なら自分では、過敏性腸症候群による痛みだと思ってても、もしかしたら他の怖い病気が潜んでいるかもしれないからです。だから単なる腹痛だと軽く見ないで、まず病院へ行き検査を受ける事が大切です。

痛みの悪循環から1日でも早く脱出を!

腹痛でお悩みの方の中には、耐えがたい激痛が、しばらく続く事もあります。ある女性の話では「お産の時よりも痛い」というのです。それほどの強い腹痛が出るのにも関わらず、病院へ行っても「異常なし」と言われるし、薬も効かずに困ってる過敏性腸症候群の方も存在します。痛みを我慢していると、そのストレスが自律神経を乱し、余計に痛みを強くしてしまいます。

そしてその強くなった痛みがより大きなストレスを生み、そのストレスが更に自律神経を乱すという悪循環が生まれます。そして乱れた自律神経は痛みだけに収まらず、心身共に様々な自律神経系の症状が出て来る結果となってしまいます。だから痛みは我慢せずに1日でも早く取るべきなのです。

薬が効かなくても大丈夫です

薬を飲んでも腹痛が改善しなくて困ってる過敏性腸症候群の方も多いと思います。しかし大丈夫です。薬が効かなくて困っている人こそ、私にお手伝いさせて頂きたいのです。と言うのは、過敏性腸症候群の根本原因は自律神経であり、自律神経を調整する特効薬は無いのが現実なのです。それに薬はあくまでも一時しのぎの対症療法に過ぎず、根本解決になりません。それに対して当所は、痛みの根本原因である自律神経を調整する根本療法なのです。

頭痛・生理痛にも適応

当所は胃腸の痛みに限らず、頭痛や生理痛にも適応します。なぜなら、いずれも根本原因は自律神経だからです。

ガス型 | ガス漏れ | 腹痛型 | 便秘型 | 下痢型 | 交替型 | 腹鳴り | お腹の張り | 肛門の違和感



お気軽にお電話下さいネ。(^^) TEL 048-654-9236 営業時間 8:30 - 18:30 [ 土・日・祝日も営業 ]
※ご予約のお電話は毎日22時まで受け付けてます

PAGETOP
Copyright © 過敏性腸症候群の遠藤自律神経研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.