なぜお腹が鳴るのか、その理由

お腹が鳴るのは、なぜなのでしょうか。その理由を説明したいと思います。お腹が鳴る理由や原因は1つではありません。幾つかあます。だから、なぜお腹が鳴るのか、一つ一つ解説したいと思います。

■

 

 

 

 

 

 

・横になる
なぜお腹が鳴るのか、その理由の一つとして、横になる事も原因です。当所に来られる方の中にも、立ったり座ってる時よりも、横になった時、つまり寝た状態になると「ゴロゴロ~」とお腹が鳴りだす人がおります。なぜでしょうか。私の考えでは多分こうだと思います。それは人間は横になると途端にリラックスしますね。すると副交感神経という自律神経が優位に働きだします。すると途端に胃腸が動き出すのです。だから横になった時に、お腹が鳴るのだと思います。因みに夜、布団の中でオナラで出やすくなるのも、こうした理由だからです。

 

 

 

 

 

・食事の後
なぜお腹が鳴るのか、その理由の一つとして、食事も関係してると思います。
食事すると、当然、胃腸が動きます。特に食後は胃腸が蠕動運動として、食べ物を先へ先へと移動させようとしますので、その時に「ゴロゴロ~」と鳴るのです。それに食事中は、先程の横になっている時と同じ様にリラックスしている時なので、副交感神経が働いている時です。だから食事中や食後にかけては、お腹がよく動くので、お腹が鳴りやすくもなるし、おならが出やすくもなります。

お腹が鳴るのはなぜ、その理由

・入浴
お腹が鳴る理由の一つとして入浴もあります。なぜ入浴するとお腹が鳴るのでしょうか。それは入浴すると食事の時と同じように、心身がリラックスしますので、やはり副交感神経の働きが強くなるのです。すると胃腸の動きが活発になるので、入浴中、又は入浴の後に、お腹がゴロロロと鳴る人がいます。因みに、お風呂の中でオナラが出やすいのは、その為です。ガス漏れで悩んでいる人は、お風呂の中のオナラの泡を気にしてる方も多いです。

 

 

 

 

 

・お腹のお大掃除
なぜお腹が鳴るのか、その理由の一つとして、「お腹の大掃除」があります。これはお腹が空いた時の腹鳴りです。お腹が空くと、誰でもお腹が「グ~」と鳴りますね。これはモチリンというホルモンが分泌される事によって、胃が動くのです。この時、胃の中の残っているものを、先へ先へと移動させるのです。これが胃を空っぽにさせる「お腹の大掃除」であり、その時にお腹が鳴るのです。これは健康な証拠で問題は無いのですが、ただ人によりその音が大き過ぎたり頻繁に鳴ってしまう事があります。それは、なぜでしょうか? その理由は自律神経の乱れが原因です。自律神経が失調すると、モチリンの分泌も過ぎてしまうのです。何故なら、自律神経とホルモンの中枢は共に間脳の視床下部にあるからです。

 

 

 

 

 

さて、なぜお腹が鳴るのか、その理由を幾つか説明しましたが、結局は自律神経が原因なのです。自律神経が正常な人は、横になっても、食事しても、入浴しても、空腹の時も、少しは鳴ったとしても、それほど困る程は鳴らないはずです。だから、あまりにも大きな音で、しかも何度も鳴ってしまう方は、やはり自律神経が乱れているのです。それは遠藤自律神経研究所の手技療法で改善します。