うつ病

うつ病

うつ病

うつ病の施療

うつ病と腸が関係あるという事を
あなたはご存知でしたか?

当所に来られる過敏性腸症候群の方の中には、うつ病などの心の病を伴っている方も少なくありません。そして当所で施療を受けると、お腹の症状と一緒にうつ病の症状も改善されていきます。それはどうしてでしょうか? それには2つの理由があります。

脳と自律神経の活性化

当所の手技療法は脳と自律神経の活性化を得意としております。うつ病は身体症状とウツ気分の様な精神症状に分けられます。自律神経の活性化は身体症状を改善させてくれます。また脳の活性化は、ウツ気分、やる気が無いなどの精神症状を改善させてくれます。

脳腸相関の活性化

うつ病に直接関係している脳は、実は腸と非常に密接な関係にある事が分かっております。これを「脳腸相関」と呼んでおります。だから、うつ病を改善させたければ、脳だけに囚われずに腸の活性化も視野に入れないとダメなのです。幸い当所の手技療法は、この「脳腸相関」の活性化を得意としておりますので、うつ病が改善した方は多いです。

      この様な方へ

◆朝から何もやる気が起きない
◆ゆううつな気分が辛い
◆眠れなくて困っている
◆身体的にも様々な症状がある
◆心も体も両方一緒に改善して欲しい
◆早く明るい気分になりたい
◆薬が効かなくて困ってる

心と体の症状が一緒に改善する

当所の手技療法は脳と自律神経の活性化を得意としていますので、身体症状も精神症状も両方一緒に改善させる事が出来ますので、まさに一石二鳥です。うつ病というと、とかく心の症状だけを意味してるかのように思われますが、実は心の症状だけでなく様々な身体症状をお持ちの方が少なくありません。その為、うつ病の方は最初から精神科を受診しないで、内科などを受診する事が多いのです。ところが内科でもらった薬を飲んでも一向に心身共に良くならずに、うつ病の発見が遅れる事もよくあります。どうしてこうした問題点が現代医学には潜んでいるのでしょうか? それは下痢するならば内科へ、うつならば精神科へというように症状を個別的に見てるからです。

身体を統合的に把握する

そこで当所は、いちいち身体症状と精神症状を切り離して考えないで、どちらも根本原因は自律神経にあると考えます。つまり自律神経の最高中枢である間脳の視床下部を大元と考えて、そこの働きを正常にさせるのです。そうすれば、後はいもずる式にウツ気分はもちろん、様々な身体の症状も一緒に取れていきます。すると誤診の心配もなくなるのです。例えば皆様が頭痛や下痢、不眠、肩こり、めまいなどの身体症状が気に成ったとします。ご自分では単なる自律神経失調症だろうと思って当所に訪れたとします。しかしその背後に、うつ病が隠れている場合もあるのです。しかし心配は要りません。当所で施療を受けれは、一石二鳥ですので、自律神経失調症だろうと、うつ病だろうと一緒に改善します。

うつ病とは

うつ病とは、ゆううつな気分になる病気だという事は誰でもご存知だと思いますが、この「ゆううつな気分」とは、心の健康な人が一時的に感じるものとは、量も質も違います。心の健康な人は、何かショックな事を体験して、ゆううつな気分になっても、たいていは2週間以内に少しずつ回復していくものです。しかしうつ病の方は、2週間以上たっても、ゆううつな気分が回復しないのです。更に、そのゆううつな気分の質的なものも、私達が経験するものとは違います。心の健康な人は、うつ気分になりながらも何とか日常の事を、やりこなせますが、うつ病の方は「やらなければ」と思いながらも、出来ないのです。

その為、一見、周囲からは怠けていると思われてしまいがちですが、本人にしては決して怠けてる訳ではないのです。むしろ今まで頑張り過ぎた結果、頑張りたくても頑張れなくなった状態なのです。例えるならば、腕立て伏せを何十回も続けると、その内、筋肉の疲労が限界に達して、どんなに頑張っても、腕が上がらなくなりますね。うつ病の人もそれと同じです。頑張り過ぎた結果、もう頑張りたくても頑張れなくなった状態なのです。

だからうつ病の人にとって、一番大切な事は、頑張る事では無くて、ゆっくりと休む事なのです。よく、うつ病の人に「頑張れ!」なんて励ましてはダメと言いますが、それはこういう事からも、理解できると思います。しばらく休めば必ず、また腕立て伏せが出来るようになります。それと同じ様に、うつ病の方も休養すれば、必ず以前みたいに元気になりますので、今は自分を責めずに焦らない事が大事なのです。

薬に限界を感じてませんか?

ところで、うつ病の治療は病院では薬物療法が主流となっております。あなたもそうでしたでしょう。そして薬で完治しましたか? 完治してるならば、今あなたは私のホームペーシをご覧になっていなかったはずです。つまり薬でうつ病が完治する方も居るけど、完治しない方も多くいらっしゃる訳です。完治どころが、あまり効かない方もおられます。そしてダラダラといつまでも、薬を飲み続けてる方も少なくありません。そこで、あなたは薬以外の方法を求めて、今、私のホームページに辿り着いた訳です。

薬を使わない当所の手技療法

薬が効かなくて困ってる方は、当所の手技療法は心強いものとなります。当所の手技療法は薬を使わないで、脳と自律神経の活性化をします。それにより、うつ病による精神症状や身体症状が改善していくのです。

回復したら何がしたいですか?

皆様はうつ病が回復したら何がしたいですか? 想像してみて下さい。今のゆううつな気分が晴れたら、毎日がどんなに楽になれるかを! 私は皆様が1日でも早く明るく楽しい毎日を送れるように全力で応援致します。

うつ病から解放されるとこうなります!

◆毎日が明るい気分になれる
◆身も心も軽くなる
◆夜、ぐっすり眠れる
◆朝スッキリ目覚める
◆朝からやる気十分
◆頭の回転が速くなる
◆家事・仕事・勉強がはかどる
◆何事にも積極的になれる
◆とにかく病気の前の自分に戻れる

ガス型 | ガス漏れ | 腹痛型 | 便秘型 | 下痢型 | 交替型 | 腹鳴り | お腹の張り | 肛門の違和感



お気軽にお電話下さいネ。(^^) TEL 048-654-9236 営業時間 8:30 - 18:30 [ 土・日・祝日も営業 ]
※ご予約のお電話は毎日22時まで受け付けてます

PAGETOP
Copyright © 過敏性腸症候群の遠藤自律神経研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.