過敏性腸症候群への理解

過敏性腸症候群突然お腹が痛くなり、お腹が痛くなったと思ったら便意をもよおし、トイレに駆け込めば下痢状の便が出るという時、おそらく過敏性腸症候群なのかもしれません。以前は、仕事中にたびたび席を立ってトイレに入ることで後ろめたさを感じたこともあったようですが、最近は、過敏性腸症候群もかなり理解されるようになったようです。おそらく職場で過敏性腸症候群の悩みを話せば、同じような経験を持つ人が何人かはいらっしゃるのではないでしょうか。つまり、過敏性腸症候群への理解が深まったというよりも、過敏性腸症候群の方が増えているといった方がいいのかもしれません。

そして、過敏性腸症候群による下痢や便秘などは、大腸などの消化器官の機能の異常がもたらす疾患とも言われていますが、その異常を引き起こす原因は腸の自律神経の乱れであり、ストレスや不安や緊張が自律神経の働きを乱していると考えられます。そのことからも、過敏性腸症候群は、一般的にストレスの多い社会での生活が要因となって発症しやすいと言われるのでしょう。ただ、過敏性腸症候群の方が増え、過敏性腸症候群が発症する要因などが分かったとしても、なかなか適切な過敏性腸症候群の治し方を行っている施設などは少ないのかもしれません。

過敏性腸症候群

 

過敏性腸症候群を専門の治療院へ

たとえば、さいたま市の遠藤自律神経研究所には、千葉から通院されている患者さんもいらっしゃいます。もちろん、過敏性腸症候群の治療は病院の胃腸内科などで手掛けていることもありますので、千葉にも専門の病院があるでしょう。あるいは、心療内科で過敏性腸症候群の治療を行うケースもあり、そういった心療内科があるのではないでしょうか。さらに、整骨院やカイロプラクティックなどで過敏性腸症候群の治療を掲げているケースもあるでしょうから、整骨院に通院されていたという方もいるかと思います。ただ、やはり思ったような効果が出なかったり、投薬治療が合わなかったりして、過敏性腸症候群を専門とする治療院を探した結果、ご相談いただくことも少なくありません。遠藤自律神経研究所は、千葉に限らず全国からお越しいただいている治療院になりますので、過敏性腸症候群の改善のためには、遠藤自律神経研究所にご相談ください。