下痢で苦しい状況なら

下痢 苦しい下痢で苦しい思いをしたことがありますか。さいたま市にある遠藤自律神経研究所は、過敏性腸症候群を専門とする治療院になりますが、過敏性腸症候群のさまざまな症状の中でも、下痢ほど苦しいものはないと、多くの患者さんが感じているようです。しかも薬をはじめ様々な、過敏性腸症候群の治し方を試しても下痢が改善しないで困っている方も多いはずです。もちろん、過敏性腸症候群には下痢以外にも苦しい症状がたくさんあります。たとえば、何日も便秘が続いて苦しいこともあるでしょうし、過剰なおならや逆におならが出なくても苦しいものです。さらに、ガス腹が苦しいという患者さんもいらっしゃいますし、時や場所を選ばず突然起こる腹痛はとても苦しいものです。そして、どの症状も苦しいはずですが、下痢の場合は、下痢を我慢しなければならないような苦しい状況に置かれることがあり、我慢を強いられるという意味では、下痢は最も苦しい症状とも言えるのかもしれません。

下痢 苦しい

 
実は、腹痛が起こり苦しい下痢が起こりそうだと分かっても、すぐ近くにトイレがないということもあるでしょう。電車の中で腹痛が起こり下痢をもよおせば、次の駅に着くまで苦しい状況が続き、あぶら汗をかくこともあるかもしれません。また、学校での授業中や職場の会議中に下痢をもよおせば、下痢を我慢して上の空になり、苦しい時間はいっそう長く感じるものです。女性の場合、トイレまでたどり着いても順番待ちしなければならないこともあり、苦しい状況で下痢を我慢しなければなりません。下痢は腸の中の物を出してしまわなければ、下痢が治まることはないでしょうから、排便が済むまで苦しい状況が続くわけです。

 

苦しい下痢の改善には

そんな苦しい下痢がいつ起こるかと不安を抱えていては、精神的なストレスが重なり、さらに過敏性腸症候群が悪化することになるかもしれません。苦しい下痢が起こらないように通勤前は食事を抜いて、突然の下痢でもトイレにいつでも入れる自宅での夕食だけ安心して取ることができるなど、食生活に影響が出ることもあるでしょう。そんな下痢でいつまでも苦しい思いをすることがないように、過敏性腸症候群に強い手技療法を取り入れた遠藤自律神経研究所の施療をお試しください。