腹痛と同時に便意が起こる場合

腹痛 便意できれば、毎日決まった時間に便意が起こってほしいものです。朝起きてすぐに便意が起これば、その日一日スッキリした気持ちで過ごすことができるでしょう。もちろん、便意の起こる時間は必ずしも朝とは限らず、中には一日の終わりのゆったりした気分になった時に、便意が起こるという方もいるはずです。ただ、肝心なのは、便意が起こり健康的な排便ができるかどうかということです。中には、便秘で何日も便意が起こらず、ようやく強い腹痛が起こると同時に便意が起こるという方も少なくないようです。しかも、その腹痛も便意も、時間と場所を問わず起こるとなれば、安心してはいられません。

腹痛 便意

たとえば、朝、自宅で便意が起こらなかったために、通勤電車の中で便意が起こって困ったことはないでしょうか。そして、そういうタイミングでの便意に限って腹痛を伴うことがあり、腹痛と便意を我慢しなければならなかったという経験はないでしょうか。そんな腹痛が起こる時は、腸の蠕動運動が激しくなっていることで腹痛が起こり、そのために便意も起こるわけですが、腹痛の伴う便意の場合は下痢のことが多く、腹痛と便意と下痢が習慣になってしまうこともあるでしょう。そういったケースの場合は過敏性腸症候群の可能性があり、過敏性腸症候群の多くの患者さんが腹痛に苦しんだり、突然起こる便意にお困りになっているようです。そして、そんな腹痛や便意のために仕事に支障が出たり、いつも不安を抱えていたりと精神的な負担も多くなると思います。だから皆さんは、過敏性腸症候群の治し方をいろいろ探しておられる訳です。

突然の腹痛と便意の改善

そこで、場所を選ばず起こる突然の腹痛と便意でお悩みであれば、一度、当所で過敏性腸症候群の改善のための施術を受けられてはいかがでしょうか。過敏性腸症候群は、腸の自律神経の働きが乱れていること、そして脳腸相関の働きがうまくいっていないことで発症することが多い症状です。そんな過敏性腸症候群を専門とする遠藤自律神経研究所であれば、腹痛が伴う便意からも解放され、健康的な便意が起こるようになると思います。