過敏性腸症候群の治し方探し

過敏性腸症候群通勤のために横浜から電車に乗ると、決まって大崎あたりで腹痛が起こるという方がいます。それは、もしかしたら過敏性腸症候群かもしれません。通勤の時間帯に、電車の中で腹痛が起こったとしても、なかなか途中下車して、駅のトイレに駆け込むことは難しいでしょう。また、会社で大切な商談の最中に、下痢のために席を外すことがたびたびあるという方がいます。それも、もしかしたら過敏性腸症候群ではないでしょうか。一度、大切な時に下痢が起こると、それがトラウマになって、繰り返し同じような状況になることもあるようです。

逆に、朝の時間がない時にスムーズに排便できずに、便秘になってしまうことがあります。次第に、それが当たり前になり、休日でも便秘でスッキリしないということがあれば、それも過敏性腸症候群なのかもしれません。過敏性腸症候群には、下痢型の過敏性腸症候群もあれば、便秘型の過敏性腸症候群もあり、さらにその両方を繰り返すという方、あるいは頻繁におならが出るなど、症状は様々です。ただ、共通するのは、なかなか人に相談できない、あるいは最良の過敏性腸症候群の治し方が見つからないということです。

過敏性腸症候群

関東以外の全国からも過敏性腸症候群の治療に

そんな過敏性腸症候群を改善するための施療を行っているのが、埼玉にある遠藤自律神経研究所になります。当所は関東全域はもちろん、それ以外からの患者さんも多いです。もちろん横浜から来所される患者さんも多いです。横浜からは、JRを利用して1時間少々の道のりですが、大宮駅は新幹線も停車することから、東北・上越各新幹線沿線にお住まいの方も来院されています。実は、過敏性腸症候群に取り組む施設を探しても、おそらく胃腸内科や心療内科といった病院が多く、そういった病院での治療だけでは、過敏性腸症候群の改善は難しい事が原因なのでしょう。

過敏性腸症候群は自律神経の乱れと大きな関わりがあり、そのためにストレスの多い社会生活が、過敏性腸症候群の起こるきっかけになることも多いようです。そのため、心身のリラックス、そして自律神経の調整を踏まえて、過敏性腸症候群の治療を行う必要があるわけです。過敏性腸症候群でお悩みであれば、遠藤自律神経研究所にご相談ください。