便秘を治したいなら

便秘 治したい便秘は、とても苦しいものです。しかも、お腹が苦しいだけでなく、便秘が原因でさまざまな弊害を起こすこともあり、便秘を治したいと思う方はたくさんいらっしゃるでしょう。ただ、便秘を治したいために便秘薬などを用いても、それは一時的な便秘の解消にしかならないことは、お分かりの方も多いと思います。これまでに便秘を治したいということで、寝る前に便秘薬を飲んだり、便秘を治したい方にお勧めという植物繊維のドリンクやサプリを飲んでいるという方もいらっしゃるでしょうが、飲んだ翌日は排便がスムーズでも、再び何日も便秘に苦しむことになるかも知れません。さらに、治したいがために飲んでいる便秘薬やサプリに頼りすぎて、自然な排便ができなくなってしまうこともあります。

根本的に便秘を治したいのであれば、腸内環境を整えること、そして胃腸に関わる自律神経の調整を行い、さらに脳腸相関の働きの改善も図る必要があります。そのための治療として、さいたま市の自律神経研究所では過敏性腸症候群を治したいという患者さんに対して、手技療法による自律神経の調整、脳腸相関の改善を図る治療を行っております。過敏性腸症候群の場合、突然の下痢や腹痛といった時間や場所を選ばない厄介な症状のために、治したいという気持ちも強いものですが、便秘の場合はそれに比べて、治したいという気持ちになるまでに時間がかかることがあります。おそらく、便秘の場合は痛みというよりも辛さを感じることが多く、痛みには耐えられなくても、辛さには我慢してしまうものかもしれません。

便秘 治したい

便秘治したいなら

ただ、今は過敏性腸症候群の治したい症状が便秘だけだとしても、便秘の解消には下痢を呼び起こすことになり、その下痢には激しい腹痛が伴うことも多いと思います。しかも、便秘が長くなると、食欲がなくなり体力もなくなってきます。また肌が荒れてくることもあるでしょう。食欲減退を治したい、そして肌荒れを治したいということであれば、まずは便秘癖を改善して、毎日の快便を取り戻すことが必要です。だから他の過敏性腸症候群の治し方を試してもダメで、それでも便秘を治したいのであれば、過敏性腸症候群を専門とする遠藤自律神経研究所にお任せください。