過敏性腸症候群の治し方だけはなく、苦手な場所での対処法もお伝えしています。

過敏性腸症候群の方が苦手な場所

  • HOME »
  • 過敏性腸症候群の方が苦手な場所

人がいて緊張してお腹の調子が悪いなど、特有のお悩みに応え、対応します。

過敏性腸症候群の方が苦手な場所

苦手な場所での対策法も教えます

過敏性腸症候群の方が苦手な場所

●後ろに人がいる場所

これは過敏性腸症候群のガス型の方がそうです。ガスは後ろに出る訳ですから、後ろに人がいる様な場所が苦手な訳です。特に学生さんは、そうです。教室にずっと座りっぱなしで、常に後ろに人が座ってる訳ですから、精神的にツライ事は容易に想像出来ます。その他、レジや銀行のATM、駅のホームなどで順番待ちして並んでいる時は、後ろの人が気になってしまいます。

〇静かな場所
腹鳴りやガスで悩んでいる方は、静かな場所が苦手となります。静かな場所だと、腹鳴りがゴロゴロと鳴るのが周りに聞こえるのが嫌なのです。それからガスが出た時の音も周りに聞こえてしまうのが嫌なのです。だから過敏性腸症候群のガスや腹鳴りで悩んでいる方は、静かな会議、授業やテスト、映画館などを苦手とする人が多いです。

〇トイレの無い電車やバス
これは過敏性腸症候群の下痢型の方が苦手とします。もし電車やバスの中で急な腹痛や便意が起きたらどうしようと不安に思ってしまうのです。それにもし電車が止まってしまったら、どうしようと不安になってしまうのです。

〇人が多くいる場所
例えば満員電車などでは、ガス型の方が苦手とします。もしガスが出たらどうしようと考えてしまうのです。そういう時に、誰かが鼻に手をやったり、咳払いをしたりすると、自分だと被害的に考えてしまいます。

〇密閉された空間
これは学校の教室、会社の会議室、ミーティング、電車など密閉された空間に一定の時間、そこに居なければいけいないような状況になると不安になる人が多いです。しかも静かな場所ほど、つらくなります。例えば授業中は、授業が終わるまで、ずっと同じ場所に座っていなければならないので、大変です。このように過敏性腸症候群の方は、非常に辛い思いをしている方が大半です。だから皆様は、真剣になって過敏性腸症候群の治し方をネットとかで探しているのです。だから私も、本気でそのご期待に応えられるように応援します。

苦手な場所での対策法

さて過敏性腸症候群の方が、苦手な場所を克服するには、どうすれば良いのでしょうか?
苦手な場所に行くと、まず不安になりますし緊張して心臓がドキドキしてきます。そのストレスにより自律神経が乱れて、ガスが多く発生したり下痢や腹痛の症状が出るのです。

だからまず苦手な場所に行ったら、自分で自分の心を落ち着かせる事が大事なのです。苦手な場所で自分の心を落ち着かせる事が出来れば、お腹も落ち着くのです。
そのために、苦手な場所で自分をリラックスさせる方法を身に付ける事が大事なのです。

それでは、ここで自分をリラックスさせる方法を、いくつかご紹介しますが、その詳しいやり方については、クリックして専用のページをご覧になって下さい。

・呼吸法
これは深呼吸を繰り返す事によって、自分を落ち着かせる方法です。ただの呼吸法ですので、いつでもどこでも行えて便利です。しかも即効性があります。是非、やって下さい。 呼吸法をクリック。

・自律訓練法
これは自分に暗示をかけてリラックスさせる方法です。座って出来ますので、教室や電車の中で出来て便利です。そうすれば授業中でもガス症状や下痢症状を落ち使える事が出来ますので、心強いです。
自律訓練法をクリック。

 

ガス型 | ガス漏れ | 腹痛型 | 便秘型 | 下痢型 | 交替型 | 腹鳴り | お腹の張り | 肛門の違和感



お気軽にお電話下さいネ。(^^) TEL 048-654-9236 営業時間 8:30 - 18:30 [ 土・日・祝日も営業 ]
※ご予約のお電話は毎日22時まで受け付けてます

PAGETOP
Copyright © 過敏性腸症候群の遠藤自律神経研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.