治し方を知る前に、IBSにはどのような症状があるのかご自身の症状を理解したうえで施療していきましょう。

過敏性腸症候群の症状

  • HOME »
  • 過敏性腸症候群の症状

便秘には「けいれん性」「「弛緩性」「直腸性」の種類があり、排便が恥ずかしいからと我慢しては逆効果になります。

過敏性腸症候群の症状

過敏性腸症候群とは、腸に器質的な異常がないのに、便秘や下痢になったり腹痛が出たり、ガス症状や腹鳴りが出たりする事を言います。
つまり過敏性腸症候群はガン、クローン病、潰瘍性大腸炎などとは違うという事です。しかし症状としては似ています。例えばガンも潰瘍性大腸炎やクローン病も、症状として下痢したりします。ただし過敏性腸症候群は腸そのものには異常がないので、血便はありません。

ところで過敏性腸症候群は症状によって、便秘型、下痢型、便秘と下痢の交替型、腹痛型、ガス型などに分類されます。他にも腹鳴りを主症状で悩んでいる方もおられます。ここでは一つ一つ説明していきます。

過敏性腸症候群の便秘型

便秘には「けいれん性」の便秘と「弛緩性」の便秘と「直腸性」の便秘があります。過敏性腸症候群の便秘とは「けいれん性」の便秘の事を言います。つまり腸が、けいれんしているのです。その為、排便す時に腹痛を伴い強い便意が起きるにも関わらず、出るのは兎の糞みたいにコロコロとした便しか出ないのです。まとまった便が出ないので、残便感が残ってしまい不愉快な気分が続いてしまいます。そして一日に数回、排便する事があります。この場合、便意が生じたら排便した方が良いのです。何故なら排便するとガスも抜けるし、残便感も軽くなるからです。よく女性の場合、学校で排便するのが恥ずかしいという理由で、便意が起きても我慢する方がいますが、それは良くありません。便意が我慢すると今度は余計に便秘を酷くしてしまいます。

過敏性腸症候群の下痢型

下痢型の症状は、とにかく下痢が続きます。その時に腹痛を伴うことが多いです。特に朝、出掛けようとする時に下痢と腹痛が起きやすいです。その為、学校や会社に遅刻しやすくなるので、通常よりも2時間も早く起きてる人もいます。そして電車の中や授業中など、すぐにトイレに行けないような場所に限って腹痛と便意が起きやすいのです。つまり緊張する事によって、そのストレスが自律神経を乱すのです。だから便意が起きて欲しくない場面ほど、逆に便意が起きてしまいやすくなるのです。この悪循環を切る為には、とにかくリラックスする事です。深呼吸が良いでしょう。

便秘と下痢の交替型

便秘と下痢の交替型は、便秘と下痢の症状が繰り返す事を言います。例えば3日間、便秘したと思ったら4日目に酷い下痢をするのです。そしてまた3日間、便秘して、また4日目に酷い下痢をします。それを繰り返すのです。この時も腹痛を伴う事が多いです。

過敏性腸症候群の腹痛型

過敏性腸症候群の腹痛型の症状は、腹痛を主訴とするものです。他にも便通異常の症状があったりしても、それ以上に腹痛を主訴とするものです。人によっては救急車を呼ぶ程に痛い場合もあります。この腹痛が強いと、学校や会社にも行けなくなる事があるので深刻な悩みです。

過敏性腸症候群のガス型

ガス型の症状は、おならが出過ぎたり、お腹にガスが溜まり張ってしまうといった悩みです。おならが出過ぎると、人前に出る事に対して不安を感じます。特に後ろに人が居る状態だと緊張してしまい、余計にガスが出てしまうという方が多いです。そしてガスが出るのを自分で我慢出来ずに出てしまうので、本人にしてはコントロールが出来ないのです。だからとても辛い症状なのです。また知らない間に、ニオイがする事があるので、そういう時は本人もドキッとします。そして
周囲の人が鼻に手を当てたりすると、自分が原因だと思ってしまう訳です。

過敏性腸症候群の腹鳴り

腹鳴りの症状は、静かな場所でお腹が鳴ってしまう事により、人に聞かれてしまい恥ずかしい思いをするので、辛くなってしまうのです。だから授業中やテスト中、映画館など静かな場所が辛いなのです。しかし腹鳴りの苦しみを周囲に分かってもらえない事も多いので、その事で本人は余計につらい思いをします。

 

他で改善しなかった方へ

もし他の過敏性腸症候群の治し方では治らなかったならば、遠藤自律神経研究所に一度、ご相談してみて下さい。当所には、どこへ行っても改善しなかった方が新幹線や飛行機を利用されて全国から駆け込んで来られます。

ガス型 | ガス漏れ | 腹痛型 | 便秘型 | 下痢型 | 交替型 | 腹鳴り | お腹の張り | 肛門の違和感



お気軽にお電話下さいネ。(^^) TEL 048-654-9236 営業時間 8:30 - 18:30 [ 土・日・祝日も営業 ]
※ご予約のお電話は毎日22時まで受け付けてます

PAGETOP
Copyright © 過敏性腸症候群の遠藤自律神経研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.