問合せ
お問合せ

月経関連の症状

月経関連の症状

  • HOME »
  • 月経関連の症状

月経関連の症状

月経関連の症状も改善します

当所には過敏性腸症候群の女性が多く来られますが、その中の多くの方が月経に関しての悩みも一緒にお持ちです。つまり生理痛、生理不順、又は無月経、月経前症候群(PMS)などです。これらの症状は、過敏性腸症候群と一緒に改善しますので、とても便利です。

月経前症候群(PMS)が改善

30代

施療効果には個人差があり、この声は効果を保証するものではありません。

寝込む程の生理痛

27歳・会社員


私は中学時代の時から生理が来ると寝込んでしまうぐらい、すごく悩まされていました。痛みで辛くて休んだり早退したりしてました。病院から処方された薬を飲んでも、あまり良くならず悩んでいました。インターネットで、こちらの研究所を知り施療を受け、1回でいままでの生理痛の痛みが軽くなり、今は薬なしでも驚くほど改善しました。こちらの施療を受け本当によかったです。感謝しております。

施療効果には個人差があり、この声は効果を保証するものではありません。

生理前・中・後の長い生理痛

16歳・高校生


中学1年の頃から生理痛がひどくなり、3年には生理前、最中、後、毎月ほぼ半月の生理痛があり、とても悩んでいました。ネットでこの研究所を拝見し、お試しのような心持ちで施療を受けました。するとすでに1回目の施療からジワジワと効果を実感し、2回目の施療ではもう生理痛はだいぶ軽くなりました。3回、4回とどんどん効果が出て来て、11回目には痛みが気にならない程度になりました。中学はあまり学校に通えてなかったのですが、生理痛や他にも腸のキリリとした痛みも改善し、今では毎日のように学校に通っています。

施療効果には個人差があり、この声は効果を保証するものではありません。

PMSと生理痛

35才


初めて施療を受けたのが前回の生理から14日目の日からで、それから週2回のペースで通い、5回目の施療後、生理が来ました。私のPMSの症状としては憂うつ、イライラ、寝つきが悪くなる、むくみが出たり太りやすくなるというものでした。施療を受け始めて初めての生理の前に、それらは全てなくなりました。それから次の月のPMSの時期は、前回の生理で起こった貧血状態やダメージから完全に回復している事から、月の中で一番体調が良い時期になりました。そのため、むくみや太りやすくなるとった症状も、月の中で一番痩せている状態になりました。生理痛は最初の回は少しありましたが、薬を飲まなくていい程度で、月を経るごとに全くなくなりました。PMSで通い始めた訳ではなかったので、他の症状に集中していましたが、気付けば月の中で一番体調がいい状態になっているというプレゼントが貰えていました。

施療効果には個人差があり、この声は効果を保証するものではありません。

PMSと月経困難症

40歳・主婦


私の場合は月経前症候群は軽いのですが、生理前にはイライラや手元がふらつく症状が出ていました。5回位の施療でいつの間にか月経前のイライラや手元のふらつきは気にならなくなっていました。生理痛も軽くなっていました。生理中のひどい怠さ、起き上がれない程の怠さ、くらくら、貧血はその時々の疲れなどによって、まだひどい時もありますが、調子が良い時は動ける様になりました。

施療効果には個人差があり、この声は効果を保証するものではありません。

無月経

・半年間、生理が止まってたが3回の施療で生理の前兆を感じて、13回の施療で生理が来てくれた。(20歳・女性)

                                           施療効果には個人差があり、この声は効果を保証するものではありません。

生理痛

生理になると、強い下腹部の痛みに襲われます。特に生理が始まった初日が酷いようです。あまりの痛みの為に、動けなくなってしまい学校や会社を休む事もあります。痛み止めの薬も効かない事もあります。月経期間中は、生理痛の他にも、頭痛、イライラ、吐き気、下痢、だるさなどの症状も出る事があります。これらをまとめて、「月経困難症」と呼びます。

PMS

PMSとは月経前症候群の事です。つまり月経が始まる3日前あたりから、長い人で2週間も前から心身共に様々な症状が出て辛い思いをする事です。辛い症状は精神症状と身体症状に分けられます。精神症状はイライラ、怒りっぽくなる、マイナス思考、うつ、不安、集中力が無くなるなどです。身体症状は頭痛、肩こり、めまい、吐き気、下腹部痛、便秘と下痢、むくみ、過食や拒食、不眠や過眠、だるいなどです。そして生理が始まると途端に症状が消失すると言われてますが、中には生理が始まっても続いていしまう方もおります。

生理不順

健康な生理周期は25日~38日の間だと言われております。しかし毎回、同じ周期で来なくても心配はないです。25日~38日の間ならば正常です。たまにこの範囲内を超えても、たまになら問題はありません。特に思春期はまだ生理が安定しない時なので、こういう事はよくある事なので、それほど心配はないようです。ただし毎月、いつも生理周期に問題があるようならば、施療の対象となります。

無月経

無月経とは生理が90日以上来ない状態を言います。ストレスが原因で自律神経の中枢の働きが狂うと、無月経になる事があります。

ガス型 | ガス漏れ | 腹痛型 | 便秘型 | 下痢型 | 交替型 | 腹鳴り | お腹の張り | 肛門の違和感



お気軽にお電話下さいネ。(^^) TEL 048-654-9236 営業時間 8:30 - 19:00 [ 土・日・祝日も営業 ]
※お電話は毎日7時~22時30分まで受け付け

PAGETOP
Copyright © 過敏性腸症候群の遠藤自律神経研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
電話お問い合わせ