心療内科と過敏性腸症候群

過敏性腸症候群の方は心療内科に行こうとする方が多いようです。確かに分野的には過敏性腸症候群(IBS)は、心療内科にピッタリの分野です。と言うのはIBSは、心身症だからです。つまり心理的なストレスが原因で身体に症状が出るのが心身症です。心療内科は、この心身症を得意とする分野なのです。そうした意味で、過敏性腸症候群は心療内科を受診するのに適している病気です。

 

 

 

 

ところで精神科はどうでしょうか? 心療内科が主に内科的な症状、つまり身体症状を診るのに対して、精神科は、その名のとおり精神症状を主に診ます。つまりうつ病、統合失調症などです。そしてまた、ただ単に内科という場合は、特に心理面を考慮せずに、内科的な疾患を診る所となります。過敏性腸症候群の方は心療内科や内科に行く方もいれば、精神科に行く方もおられます。

過敏性腸症候群 心療内科

ただし問題があります。結局、心療内科だろうと、その他の内科や精神科、小児科だろうと、結局は薬物療法が中心となります。そしてどこの病院に行っても、出される薬はだいたい決まってます。むしろ薬を飲み過ぎる事により、過敏性腸症候群の症状が治りにくくなる事もあるのです。だから安易に心療内科に限らず、他の科でも薬に頼るのは、いかがなものかと思います。

 

 

 

 

 

もちろん例え一時的でも良いので、ちゃんと効いてくれて、それでだいぶ助かっているならば、それはそれで良いかと思います。しかし薬はあくまでも一時的であり、だんだん効かなくなる事も多いです。それに最初から、まったく効かない事も非常に多いです。何故なら過敏性腸症候群の根本原因は自律神経なのに、その自律神経を整える特効薬など、心療内科へ行っても、精神科に行っても、内科に行っても、どこの病院へ行っても無いのです。だから薬を飲んでも根本的な解決にはなりません。

 

 

 

 

 

そこで一番良いのは薬を使わないで自然療法的な治し方が良いのです。それが遠藤自律神経研究所の手技療法です。当所の手技療法は過敏性腸症候群の根本原因である自律神経を調整するものです。しかも身体的な症状だけでなく、心の症状も一緒に改善していきます。だから心療内科と同じです。心の施療と内科的な施療の両方が一緒に出来てしまうのです。しかも薬は一切、使いません。薬のように体に負担はかけません。また薬のような一時的な対症療法ではありません。根本療法です。そして自律神経だけでなく、脳の働きも一緒に活性化させます。だから、ガス、腹痛、便通異常といった身体症状だけでなく、不安、緊張、うつといった心の症状まで一緒に取れて来るので、一石二鳥です。