その臭いはもしかして・・・・

過敏性腸症候群 臭い下痢や便秘を繰り返すことの多い過敏性腸症候群は、精神的なストレスや生活の乱れが原因となって発症することが多いと言われていますが、過敏性腸症候群の症状はさまざまで、中にはおならの臭いが気になるという患者さんも少なくありません。おならの臭いは、誰でも臭く感じるものですが、やはり過敏性腸症候群の方のおならは特別な臭いがするのかもしれません。その原因としては、腸内環境が乱れたことによって、ガスが溜まりやすくなることも過敏性腸症候群の症状であり、ガスがどんどん溜まることで、いざおならとなって排出されたガスの臭いは、強烈な臭いとなってしまうわけです。だから皆様は何かよい過敏性腸症候群の治し方は無いか、真剣に探している訳です。

また、過敏性腸症候群の場合のおならは、無意識のうちに出てしまうこともあり、その臭いで始めておならが出てしまったことに気付くこともあるでしょう。場合によっては、周囲の人間が先に臭いに気付くこともあるかも知れません。そのため、過敏性腸症候群の症状としておならが頻繁に出る、あるいはおならの臭いがきついという方は、エレベーターや満員電車などを避けるようになり、臭いを気にして人混みには行かないという方も多いようです。

過敏性腸症候群 臭い

 

臭いのはおならだけではない

さらに、過敏性腸症候群の場合、気になる臭いはおならの臭いだけではないようです。たとえば、過敏性腸症候群の症状として下痢を起こしやすいということがありますが、何度も下痢のためにトイレに入れば、その臭いが気になるでしょうし、便秘の場合は、臭いが外に漏れるわけではありませんが、ご本人にとっては身体の中の臭いに神経質になるものです。そして、過敏性腸症候群で慢性的な便秘となれば、胃の消化もスムーズには進まず、口臭の臭いが気になることも多いようです。

臭いは、気にしていると余計に敏感になり、いつも臭いばかりを気にして人と接する時には、短い時間で済ませるといった不自由な思いをすることもあるものです。もし、過敏性腸症候群でおならの臭い、そして身体の臭いを気にするようであれば、過敏性腸症候群を専門とする遠藤自律神経研究所にご相談ください。