下痢で通勤が辛い

下痢 通勤毎日の通勤の手段は車でしょうか、それとも電車やバスを利用されているでしょうか。車であれば、通勤時間帯の道路の渋滞に悩まされるでしょうし、電車やバス通勤の場合は混み具合に辟易されている方も多いと思います。東京都では、通勤時間帯の混雑の緩和を掲げて色々と手を打っているようですが、なかなか実感できるまでには至っていないのではないでしょうか。そんな通勤がもっとも苦痛だというのが、過敏性腸症候群の患者さんたちです。過敏性腸症候群の特徴として、下痢や腹痛が起こりやすいということはご存知の方も多いと思いますが、実はその下痢や腹痛が通勤時間帯に起こりやすいという患者さんがとても多いようです。たとえば、朝起きて出勤の準備をしている時には下痢の兆候などまったくなかったのに、通勤のために電車に乗ったかと思ったら下痢が起こりそうになることも珍しくありません。通勤のために車に乗って走り出したら下痢をしたくなり、通勤途中のコンビニに寄り下痢を済ませるという方もいらっしゃるようです。

おそらく過去に、通勤中に腹痛が起こったり下痢をもよおした経験があり、不安な気持ちが残っているのでしょう。そして、通勤時のストレスとして腸が過敏に反応してしまい、下痢が起こっているかと思います。また、通勤の際の下痢だけでなく、過敏性腸症候群の症状として頻繁におならが出たり、そのおならの臭いが強いといったことがありますが、通勤時の満員電車やバスの中でおならが出そうになった時の苦しさは、下痢と同じような辛さがあると思います。そこで良い過敏性腸症候群の治し方を求めて、遠藤自律神経研究所に訪れる方も少なくありません。

下痢 通勤

通勤中のいつ起こるかわからない下痢

過敏性腸症候群の患者さんの中には、こういった通勤時の下痢や腹痛やおならを避けるために、通勤手段を変えて自転車通勤をしたり、突然の下痢に対応できる様に歩いて通勤できる自宅近くの職場に転職しようかという患者さんもいらっしゃるようです。そして、同じ時間帯の車や電車の利用でも、通勤に関わりのない休日の外出であれば、下痢も起こらないというケースもあります。いずれも過敏性腸症候群の方に多く見られる症状ですので、下痢で通勤が辛いという方は、過敏性腸症候群を専門とする遠藤自律神経研究所にご相談ください。