過敏性腸症候群が原因の便意なら

過敏性腸症候群 便意ダイエットには毎日の排便が大切であり、便意を促すための運動をしたり、便意が起こるような飲み物を飲んだりする方も多いのではないでしょうか。もちろん、毎日の排便はダイエットのためだけでなく、健康的な生活を送る上で欠かせない習慣です。人によって便意の起こる時間も違い、朝一番に必ず便意が起こるという方もいれば、夜入浴を済ませリラックスした時に、便意が起こるという方もいるでしょう。便意の起こる時間は、人それぞれ違って当然ですし、無理をせず同じような時間帯にスッキリ排便できれば問題ないわけです。

ところが、過敏性腸症候群の場合、厄介な場所・時間に便意が起こるというケースもあります。実は、過敏性腸症候群の方の中には下痢で悩む方も多いのですが、トイレに行きにくい時間や場所で便意が起こるということです。つまり、突然電車の中で便意に襲われたり、会議中や授業中といった席を立ちにくい時に便意を催したりすることもあります。さらに、過敏性腸症候群の場合、便意が起こらないようにと過度に緊張することで、かえって便意が起こってしまうこともあるようです。

 

過敏性腸症候群 便意

過敏性腸症候群を改善して便意にさよなら

良い過敏性腸症候群の治し方を求めて来院されたある患者さんの場合、こういったいつ起こるかわからない便意を持て余し、薬を常用することで乗り切っていたケースもございます。しかし過敏性腸症候群の根本原因である自律神経に効く特効薬などある訳はなく、さらに薬を用いることで、胃や腸の本来の働きを悪くしてしまうこともあります。では、過敏性腸症候群でいつ起こるかわからない便意に苦しむ患者さんが、どのような治療で過敏性腸症候群を改善していったかと言えば、自律神経の調整と脳腸相関の活性化を図ることに重点を置いた治療を行った結果です。

遠藤自律神経研究所では、薬ではなく手技療法を用いて過敏性腸症候群を改善させ、これまで14年にわたり過敏性腸症候群の患者さんの治療を続けてきました。いつ起こるかわからない便意でお困りの過敏性腸症候群を改善したいのであれば、豊富な実績を持つ遠藤自律神経研究所にご相談ください。